ドライフードのふやかし方

ドライキャットフードはそのままでも必要な栄養を十分摂れるよう作られていますが、ふやかすことにより様々なメリットがあります。 子猫の離乳食代わりとして柔らかくしてあげたり、食欲がない時に食べやすくしてあげたり、歯の弱ったシニア猫のために、水っぽくしてあげたり出来ます。 今回はドライキャットフードのふやかし方について具体的に説明します。

ぬるま湯を使用する

まず、普段使っている容器にドライキャットフードを適量入れ、餌が全部浸るくらいのぬるま湯を入れます。 ぬるま湯を使う理由は、常温だとふやかすのに時間がかかってしまい、熱湯だとドライキャットフードに含まれているビタミンを破壊してしまうからです。

加えて、猫舌な猫は熱が冷めるまで餌を食べることができなくなってしまうという問題もあります。 多少温かい方がドライフードの香りが引き立つので、猫の食欲を刺激します。

また、温めたミルクなどをぬるま湯の代わりにして使用するのも良い方法です。 離乳食代わりにする際は、ミルクの味がした方が食いつきが良くなりやすいです。

これで食いつきがいいようなら、不必要に子猫用の離乳食を与える必要もありません。

※猫の最もおいしいと感じる温度は35度程度だと言われています。 食いつきが悪い時は、数秒だけレンジで温めると、香りが特に引き立つので試してみてください。

暫く放置する

10分ほど放置すると表面がふやけて柔らかくなります。 周りが柔らかくなり、芯が少し残っている程度にとどめましょう。

ドライフードの種類によって堅さはまちまちなので、適度な時間を見つけましょう。 時間が長ければぶよぶよで液状のモノになります。 こういったタイプはシニア猫にもお勧めです。

逆に、時間が短いと堅めになり、こういったタイプは夏バテなどの食欲不振の際に適しています。 猫が自分からフードや水を取ろうとしないときでも、少ない量で必要な栄養と水を摂取することができます。

※ふやかす時間が長すぎると、食感や風味が台無しになってしまう可能性があります。 また、粒自体が水を吸って大きく膨らむため、水を吸わせすぎると食べにくくなってしまいます。

早めに食べる

ふやかしたドライキャットフードは、通常よりも腐りやすくなるので早めに消費しましょう。 ドライキャットフードですが、ふやかした場合は長時間の放置は禁物です。

また、時間が経つにつれてキャットフードの温度も変化していくため、猫が食べなくなってしまうこともあります。 猫はムラ食いをする生き物なので、始めのうちは水の量を少なめにして少しずつ様子を見ながらふやかしていくのが良いでしょう。