グレインフリーキャットフード

この記事では、グレインフリーキャットフードと呼ばれるキャットフードについて、普通のキャットフードとどのように違うのか、また、その餌を使うメリット・デメリットなどを具体的に説明していきます。

そもそもグレインフリーキャットフードとは?

グレインフリーキャットフードという言葉を、あまり聞いたことがないという人は多いかと思います。 グレインフリーとは文字通り、穀物類(grain)がない(free)という意味です。 穀物不使用の猫の餌。それがグレインフリーキャットフードです。

猫というのは元々、肉食動物です。 大昔からネズミや野兎などを主食として生活していました。

基本的に食べるのは草食動物です。 つまり、草食動物を食べるということは同時に、その動物が食べていた胃の中にある穀物類も摂取していたのです。

ではなぜ元々食べていたにも関わらず、今更グレインフリーにしなきゃいけないの?という疑問が出てきますよね。 その点については次の項目でご説明します。

なぜ穀物類が猫に良くないのか?

キャットフードに穀物類が入っていては良くない理由は、猫が穀物を消化できない(正確には非常に消化しにくい)からです。

元々肉食である猫は、肉や魚などの動物性たんぱく質の分解には優れています。 しかし、多くのキャットフードの主な原料となっているトウモロコシや、小麦、米や玄米などの穀類は、猫にとって非常に消化しにくいです。

詳しく言えば、そういった穀類に多く含まれている澱粉(デンプン)は、加熱処理をしてブドウ糖に換えてあげなければ、猫は上手く消化吸収することが出来ません。 猫には摂取した穀物類を胃の中で消化するための消化酵素があまりないのです。

同じペットの犬と比較しても、澱粉(デンプン)の消化吸収力は大きく劣り、たんぱく質、脂質、複合炭水化物を含む様々な食べ物の消化を助ける膵酵素(アミラーゼ)の量が、あまり多くはありません。

グレインフリーキャットフードのメリット

では、そんな穀物類を使わずに作られたグレインフリーキャットフードの利点について説明します。

猫の体に優しい

まず一つ目が、猫の体にとても優しいという点です。 消化しにくい穀物類が初めから含まれていないのですから当然ですね。

キャットフードに消化しにくいものが含まれていたりすると、下痢や嘔吐の原因になってしまいます。 そういった心配をしなくていいのは安心です。

穀物アレルギーの改善ができる

また、猫の中には穀物アレルギーを持った個体が存在するため、そういった体質を持った猫を飼っている人にとってはありがたいですよね。 猫の食生活を改善してあげることで、アレルギーが原因の体調不良が改善して、いつもよりも元気に走り回ったり、快適な猫との生活を享受できます。

猫の健康維持につながる

健康に良い餌を与え続けるというのは、飼い猫の寿命を長くしてあげる事にもつながります。

グレインフリーキャットフードは、歳をとって吸収力や消化力が大幅に落ちてしまったお年寄りな猫にもおすすめです。 そういった猫は少しずつ食事する回数が減っていったり、たまにご飯を食べない日があったりしますよね。

その原因の一つが食べ物を食べても上手く消化できなくなっているからです。 そういった老猫にとってもグレインフリーキャットフードは嬉しいご飯です。

グレインフリーキャットフードのデメリット

逆にグレインフリーキャットフードの良くない点を挙げるとすれば、その値段です。 どうしても穀物使用のキャットフードよりは、値が張る物となってしまいます。 多くの安価なキャットフードが穀物を使用する理由は、大量生産しやすく、コストが安い事、そして加工しやすい事などがあげられます。

また、一概に穀物不使用のものばかりを摂取するのは間違いだとしている考え方もあります。 猫には体内に入った体毛や必要のないモノを吐き出すという習性があります。 そのため、猫草や穀物類に含まれている食物繊維を敢えて取り込ませ、排出を促すことも必要だという考え方もあります。

ですので、必ずしもグレインフリーキャットフードだけが良いというわけではありません。 猫の体調や環境、食習慣などによって適切に餌を変えていく事が必要です。