ウエットフードの特徴

水分量が多い

ウエットキャットフードは、名前の通り水分を多く含んだキャットフードです。 具体的には、水分含有量が75パーセント以上のモノがウエットキャットフードと呼ばれます。 種類は大きく分けて三つほどあり、フレークタイプと、パテタイプ、スープタイプがあります。

フレークタイプ

主な原材料に魚を使用したものが多いです。ツナ缶やマグロフレークなどに近い形で形状が残っているため、食感や食べごたえがあります。 総合栄養食と記載していない限りは、基本的にはおやつとして与えるものです。 素材そのままの香りが残っているため、猫の食いつきが非常に良いです。

パテタイプ

ペースト状の餌で、肉や魚など複数の原材料が混ぜ合わせられているものが多いです。 色々な種類があり、柔らかいので老猫や子猫の離乳食にお勧めです。

総合栄養食と記載してあれば、主食にすることもできます。 また、ドライフードと混ぜやすいという特徴もあります。

スープタイプ

ウエットフードの中でも特に水分量が多いタイプです。 レトルトパウチ(レトルト食品を封入している袋)のモノが一般的で、水分を十分に摂取することができます。 水分補給が苦手な猫にお勧めです。

レンジで数秒熱してから与えると、香りが引き立ちます。 殆ど液状なので、開封の際は注意しましょう。

食いつきがいい

猫は本来、生きた動物を捕まえて食べていたため、ドライフードのように乾燥した餌よりも、ウエットフードの様な水分を多く含んだものを好みます。 本来食べていたモノに近いウエットキャットフードの方が、ドライキャットフードよりも食いつきが良いのです。 猫に食欲がない時は、ウエットキャットフードを与えると、改善される場合があります。

栄養が少ない

水分の含有量が多いため、同じ量のドライキャットフードなどと比べると栄養価が低いです。 また、総合栄養食として認められている種類が少ないため、栄養に偏りが生じやすいです。 一方で、消化しやすく、食欲増進につながるという利点もあります。

開封後の保存性が低い

ドライキャットフードの場合は、開封後一カ月近くは餌として与えることができますが、ウエットキャットフードは、開封したその日のうちに食べてしまわなければなりません。 そのため、店頭などで売っているウエットキャットフードの多くが一食分のみのサイズだったり、小さ目のサイズであることが多いです。 しかし、開封しなければある程度の保存が効くので、計画的に購入しましょう。

値段が高い

大量生産されているドライキャットフードと比べるとどうしても、値が張る場合が多いです。 総合栄養食と記載されているウエットキャットフードを毎日与えるとなると、かなりの出費になってしまいます。 また、嗜好性の高いウエットフードばかりを食べさせていると、急に安価なドライフードに戻そうとしても猫が受け付けてくれない場合があります。